スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大統領の料理人

土曜日の朝、急に思い立って映画を見にいってきました。
初回9時40分は割引だしー♪

KIMG0633.jpg
(ボケちゃった)
「大統領の料理人」
あー、午後から予定入れるんじゃなかった。
見終わったら美味しいもの食べにいきたくてしょうがなかった。
フランス大統領官邸でプライベートシェフを務めた女性のお話。
お料理だけじゃなく、彼女のパワフルな生き方にも刺激受けました。
トリュフバターをたっぷり塗ったバゲットに、
厚切りのフレッシュ黒トリュフをたっぷりのせて
ワインを一緒に・・・。
それってどーなの??
食べてみたいぃー。
食いしん坊さんは見るべし!

それから10月には、

IMG_20130923_112846.jpg
「クロワッサンで朝食を」
御年85歳のジャンヌ・モロー主演。
偏屈なのは困りものだけど、
お家でもネイルを塗ってシャネルを着こなす。
しかもそのシャネルは本人と親交のあった彼女の私物というから恐れ入りました。
迫力のマダム、カッコいいです!

さらに

IMG_20131008_200207.jpg
「美輪明宏ドキュメンタリー~黒蜥蜴を探して」
美輪さんに魅せられたフランス人監督が本人を密着取材。
親交のある人たちのコメントや貴重な映像がちりばめられています。
妖艶だわー、映画の入浴シーンなんてドキドキしちゃったもんね。

気づけばフランス繋がりで3本観ていましたねー。

上に書いたトリュフのお料理を食べてみたくて検索してみたら、
東京で一皿6万円!!!!だって。
黒トリュフのタルティーヌ
うむむむむ・・・・。

hamigaki.jpg
スポンサーサイト

「幸せへのキセキ」と「アメリカングラフィティ」

本日は父の日です。
そして6月15日は父の誕生日。

CAXAGAZP.jpg
父の日ってヒマワリとか黄色いバラを送るんですって。
元気なヒマワリのお花をお供えしました。

CABLVBZ3.jpg
13日のビーの5回目の月命日のお花も大輪のヒマワリ。
ひとくちにヒマワリといってもたくさんの種類があるんだね。

さて、
CAH6DS7E.jpg
「幸せへのキセキ」を見てきました。
奥さんを亡くした家族が新しい人生を始めるために引越したおうちには
なんと閉鎖中の動物園がついていた・・・。
最愛の奥さんをなくした家族の再生の物語、
というのも見たかった理由なんだけど、
一番の決め手は

CAU0N4VQ.jpg
チラシのあまりにも小さい写真しかなくってボケボケなんだけど、
家族のペットがビーグルちゃんなのでした。
大きな出番や見せ場はなかったけど、
いつも家族によりそっている大事な役目をはたしていました。

愛する人を忘れるのではなく、
愛し続けながら悲しみから立ち直っていく様子は
今の私にはとても心うたれるものがありました。

動物園的には「えぇー!」と驚く事件が多々ありましたねー。
そんな事あるんだ!と。
日本だったら大事件。
そして一番のキセキは、奥さんが残した「あるモノ」でしょうね。
愛も大事だけど、やっぱりコレも大事なのです。フフフ。


そしてもう1本。
CA6TWB4A.jpg
右下の色気のない部分はご容赦を。

「午前10時の映画祭 何度見てもすごい50本」
朝10時から1回のみ、1週間おきに新旧名作を上映しています。

アメリカングラフィティ」は上映されるたびに見にいった思い出の映画。
古きよき時代のアメリカのハイスクール、
高校を卒業してそれぞれが旅立っていく前夜の出来事、
といえばそれまでだけど、
ダンスパーティ、カーレース、男の子と女の子、
ドライブイン、ローラースケートのウェイトレス、チェリーコーク、
どれも憧れのまとでワクワクして見たものです。
この時代に生まれたかったと本当に思った10代のワタシ。

そしてエンドロールで
ベトナム戦争や反戦運動など、
これからアメリカが突入していく混沌とした時代の始まりを感じ
エンディングのビーチボーイズ「オール・サマー・ロング」が
胸に響いて泣けてくるのでした。
あぁマニアだわ、私。

この映画際は本当にたくさんの名品を上映するので
映画好きさんはぜひチェックを!

「アーティスト」

本日の映画鑑賞「アーティスト」。

CAZLMSZC.jpg

今年のアカデミーをさらった作品ですね。
とにかく一言、
「ロマンティックで上質な作品」!
ツボにはまりました。
人生で好きな映画の5本指に入りそうです。

サイレント映画の大スター、ジョージが
トーキー映画の登場により落ちぶれ、
彼に恋するペピーが彼のために奮闘する、と。
お話自体はとってもありふれたラブストーリーなんです。
が、
まくしたてる早口や大音響になれた耳と
鮮やかなCGになれた目に、
オーケストラの音楽と白黒の画面。
最初はちょっと戸惑うものの、
セリフがない分画面に夢中になっている自分がいました。
ニヒルやコケティッシュというものを
表情や仕草で見せてもらえます。
この時代の人って男性も女性も
ほんとにチャーミング!

3DやCG、ハデなアクションもいいですが、
こういう映画も味わえる心があると
人生が豊かになりそうです。

CAARYIPS.jpg


ツボのひとつはジョージの相棒
ジャックラッセルテリア「アギー」の名演技。
もうね、ほんとに上手で可愛くて
音がたたないように手を叩いて喜んじゃいました。
このコはカンヌ映画祭の「パルムドッグ賞」、
そして アカデミー賞の「第1回金の首輪賞」も受賞しています。
さらに、
このコは放棄犬であり、
今では動物愛護団体のポスターに登場しているそうです。
そういえば
昨年のアカデミーをとった「英国王のスピーチ」でも
お城の中にたくさんのコーギーちゃんがいて、
可愛かったなぁー。

さらに大好きなタップダンスもちりばめられていて、
本当に楽しめました。
見逃さなくてよかった!
オススメ映画です***

先日の映画鑑賞

20090207165252

もう公開されましたが、公開前の先日水曜の試写会に行ってきました!

2時間45分、見終わった時の感想は「・・・・・」でした。
「感動した!」とか「勇気をもらった!」とかいう言葉はでてきませんでした。
なんというか、
心にジワジワと感じるものがあるんだけど、すぐに言葉で表現できなかったんです。
ひとりの人間の人生を駆け足で体験したような、
達成感のような気持ちよい疲れのようなものがありましたね。

これから自分の人生の中で、ひょっこりとこの映画の事を思い出すことがあるかもね。
深く、じわじわと残る映画でした。

ブラピの10代まで若返った姿は必見~。
カッコイイ・・・・・。
愛する人との最後があんなふうなんて、女性としてはある意味憧れる・・・・かも。
ネタバレになるのでここまで!(笑)

本日の映画鑑賞

20090122212653
本日は「マルタのやさしい刺繍」。
80歳のおばあちゃんが、ランジェリーショップを開くという夢を叶えるオハナシ。

素敵な女友達と夢があれば、老いるなんて怖くない!
「無理」「出来っこない」「世間体が悪い」なんてNGワード。
大切な友達と見ればよかったな。
パワーをもらえて、スイスの可愛い町並みや生活も見れて、大満足の1本でした。
女子には絶対オススメ!

プロフィール

ミキ

  • Author:ミキ
  • 2012年までvee(ビー)と、
    2014年からは茶々と、
    ビーグルライフを満喫中。
    ノードッグ、ノー酒、ノーライフ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。