スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぜひ見てね

20051120000336

知っている人も多いかと思うけど、こんなページを見つけました。
http://ubonpage.at.infoseek.co.jp/Kudryavka.html
某映画で「どんなにつらくても宇宙にひとりで飛ばされたライカ犬よりはましだ」とたとえられたクドのお話。

私ね、クドをかわいがって訓練した人たちは華やかな報道のかげで涙を流していたんじゃないかと思うんです。
愛情という絆がなければクドだって大変な訓練を頑張ることはできなかったと思うから・・。

まずはご覧になってくださいまし。
スポンサーサイト

泣きました。
泣くというより、嗚咽。

わんこたちは、「生きる」ということしか
考えていないという事を、最近聞いたばかり
だったので、クドもそうだったのだろうと
思うと、涙が止まらないよ。

誰もいない、かわいがってくれた訓練係の人も、
誰もいない宇宙で死んでいったクド。
手放すしかなかった人たちの気持ち。
なんて言ったらいいんだろう。

そうなの

嗚咽という表現がぴったりかも。
何回みても胸がしめつけられるんだよ。

「生きる」
そうだよね。命があるから一生懸命生きる。
当たり前のことなのに、ワンコに教えられることっていっぱいある。

宇宙旅行が現実になってきそうな今、その第一歩がクドだったってみんな忘れないで、とか
あの頃はしょうがなかったですませちゃいけない、とか
現在実験に使われている動物たちもクドと同じ気持ちだよな、とか
泣いた後にいろんな気持ちが生まれてきて。
で、みんなに見てもらいたかったんだー。
Secret

プロフィール

ミキ

  • Author:ミキ
  • 2012年までvee(ビー)と、
    2014年からは茶々と、
    ビーグルライフを満喫中。
    ノードッグ、ノー酒、ノーライフ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。